Gobi+ シリーズ

Xenics

Xenics gobi+  

高性能・熱画像・遠赤外線カメラ

 
NEW!!
 
  Xenics社(ベルギー)の「Gobi+シリーズ」は、従来のGobiシリーズのコンパクト設計などの利点を維持したまま性能を向上させた遠赤外線(LWIR)カメラです。
 
  Gobi+は、Gobi640と同じ高解像度640×480のイメージングを提供します。NETD:50mKの低いディテクターノイズと同様に改善されたピクセル操作性によって、高画質を提供します。高速イメージングでは、最大フレームレート60Hzを提供し、またウィンドウモードもご使用頂けます。
 
 Gobi+の各システムへの組込みは、産業用途の標準的なアクセサリをや豊富なソフトウェアカスタマイズツールを使用して、容易に導入して頂けます。
 
● 向上したパフォーマンス
● 高解像度 (640×480画素)
● 産業用途での標準的な互換性
● GigE/CameraLinkインターフェース
● 小型、軽量で各システムへの組込みに最適

 
 
< カタログ >
  
  ▶ Xenics社 近・中・遠赤外線カメラ カタログ 
 
< アプリケーション例 >
バイオメディカルイメージ、状況認識、ホットスポット検出、リアルタイムのプロセス制御&モニタリング など
Xenics アプリケーション画像集 ▶
 

 

 

 Gobi+シリーズ 仕様表


 

 電気・光学 仕様 Gobi+ 640 GigE Gobi+ 640 CL
 イメージフォーマット 640x480 pixel
 ピクセルピッチ 17 μm
 素子タイプ a-Si マイクロボロメータ
 積算タイプ ローリングシャッター
 有効エリア, 対角 10.88 x 8.16 mm (対角13.6 mm)
 ディテクターNETD <50 mK (@ 30 Hz, 300 K, F/1)
 波長領域 8 ~ 14μm
 Pixel operability >99.5 %
 最大フレームレート 60 Hz (or 9 Hz) 60 Hz
 積算時間 1 ~ 80μs
 ROI (Region of Interest) Yes (最小160×120 pixel)
 ADC 16 bit
 コマンド&コントロール GigE Vision CameraLink
 デジタル出力フォーマット GigE Vision (16 bit) CameraLink (16 bit)
 トリガー SMAによる入力 or 出力 (構成可能)
(※ 9Hzモデル不可)
SMAによる入力 or 出力
/ CL-CC1 (構成可能)
 メカニカル 仕様  
 寸法 (WxHxL) 49 x 49 x 79 mm(レンズを除く) 49 x 49 x 62 mm(レンズを除く)
 重量 263 g(レンズを除く) 208 g(レンズを除く)
 光学インターフェース M42 or M34 x 0.75
 コネクタ GigE RJ-45 -
 コネクタ CameraLink - Standard SDR
 コネクタ 電源 Hirose HR10-7R-SA(73)
 コネクタ トリガー SMA
 環境・電力 仕様  
 動作環境温度 -40 ~ +60 ℃
 保管温度 -45 ~ +85 ℃
 消費電力 4.5 W 2 W
 電源電圧 DC 12 V
 衝撃 40 g, 11 ms, MIL-STD810G / MIL-STD883J
 振動 5 g [20-2000 Hz], MIL-STD810G / MIL-STD883
 IP定格 IP40
 Regulatory compliance CE, RoHS

 

 

 Xenics社 : 近赤外線カメラ(InGaAs/T2SL) / 中赤外線カメラ(InSb) / 遠赤外線カメラ


  ▶ Xenics(キセニクス)社製品 トップページ

製品に関してのお問い合わせ
弊社では、各製品のカタログや資料をご用意しております。
デモ機在庫の有る製品も御座いますので、不明な点や価格的なご質問と共にお問い合わせよりご連絡下さい。
現在お客様の方で考えられているご使用目的、必要スペック、PC環境等を合わせてご連絡頂ければ該当する商品担当者よりご提案させて頂きます。 (お探しの商品が見付からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。)