TECHNO HORIZON GROUP
テクノホライゾン公式Twitter
テクノホライゾン公式YouTube
 
TOP > メーカー別製品情報 > NewTec Scientific 社 > 光学顕微鏡向け CLステージ

光学顕微鏡向け CLステージ

Cathodyne シリーズ

カソードルミネッセンス (Cathodoluminescence; CL)とは


 

  加速された電子が物質に衝突し物質中の電子を励起させ、基底状態に戻る際にエネルギー準位に応じた 電磁波を出します。この現象を カソードルミネッセンスと呼び、この時放出される電磁波のエネルギー(波長)は、おおよそ1eV (≒1239.8 nm)~5eV (≒248.0nm)です。放出される光の色や強度は結晶内の不純物、歪み、欠陥などの影響を敏感に受けます。そのため岩石中の鉱物の形成過程や、 ジルコン結晶内の累体構造から年代測定点の検討などにCL法は用いられます。

※注)ルミネッセンスは、発光の寿命から短寿命(10-8秒以下)の蛍光(fluorescence)と 長寿命の燐光(phosphorescence)に分けられます。また、蛍光と燐光の区別は発光過程もしくは遷移確率によってもなされます。

 

  色情報を失わずにCL観察することは非常に重要なことです。SEMに付随するCL装置は波長分散能力を持たないと 白黒画像となります。また波長分散能力を持たせると高価な装置になってしまいます。そこで30年以上前から 光学顕微鏡とCL装置を合わせたCL顕微鏡が利用されてきました。しかしながら安定な電子ビームを得ることが 難しいという問題があり、CL光の分光も精度がよくありませんでした。

 

  このような問題を CATHODYNE® なら解決できます。

 

  Cathodyne®は、光学顕微鏡を用いて鉱物のCL観察を行なうためのステージです。ソフトウエア制御の電動ステージが標準で装備されます。冷陰極型の電子銃ですが、電圧電流をソフトウエアで自動調整し、熱陰極型と同程度の安定な電子ビームを得られます。また、観察窓には鉛ガラスを用いていないためCL光が弱められたり、特定の波長がカットされたりといった従来の問題を回避できます。発生するX線は対物レンズカバー(特許取得済)によってカットし安全にご使用いただけます。また、オプションで加熱や冷却することも 可能です。安定な電子ビームのおかげで良質な分光スペクトルも得られます。

 

・安定な電子ビーム
・全自動ステージ
・画像再構築ソフトウエア
・冷却、加熱、分光等オプション有
 
 
製品に関してのお問い合わせ
弊社では、各製品のカタログや資料をご用意しております。
デモ機在庫の有る製品も御座いますので、不明な点や価格的なご質問と共にお問い合わせよりご連絡下さい。
現在お客様の方で考えられているご使用目的、必要スペック、PC環境等を合わせてご連絡頂ければ該当する商品担当者よりご提案させて頂きます。 (お探しの商品が見付からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。)